ホワイトニングを先輩に紹介する

会社の先輩とお昼ごはんが一緒になり、一緒に休憩をした。
先輩は、昔からお世話になっている先輩で、迷惑もたくさんかけたが、フォローをしてくれて、先輩なしでは、ここまでこれなかったと思う。
そんな先輩が今、とても大変なときで、自分に相談に乗ってほしいといってきた。
自分は、この間まで、営業にもいっていた。
先輩は、営業はいったことないので、営業の辛さを痛感しているみたいで、大変だといっていた。
やはり、身なりもきちんとしないといけないので、自分は、ホワイトニングも始めた。
そのときは、ただホワイトニングを始めただけだったのだが、やはり、口元には、目がいくものなので、きれいにしたほうがいいと思った。
そのことを先輩に言うと、ホワイトニングいこうかなといい始めた。
なので、先生も優しいし、いいですよと紹介をした。
気分転換にいってみようかなといっていた。
お金を稼ぐというのは、簡単ではない。
それは、仕事をして痛感した。
簡単に稼ぐことができないからこそ、お金の大切さを知る。
しかし、頑張った自分へのご褒美は必要だと思う。